×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビザ情報

Visaの必要な人
★学生、労働許可書の保持者、学術研究者、ボランティアの活動を行う目的で6ヶ月以上滞在する予定で英国を訪れる場合、は英国渡航前にエントリークリアランス(いわゆるVIZA)を日本にて入国前に申請、取得する必要あり。(少なくとも渡航一ヶ月前に申請)
★観光や仕事で6ヶ月以内の滞在であれば必要なし。
     
エントリークリアランス申請方法

申請には申請用紙VAF1(英国籍者の配偶者/婚約者の申請はVAF2)の記入が必要です。申請用紙は東京の英国大使館で無料でお渡ししていますが、英国政府外務省のホームページからとることもできます。あなたが希望するカテゴリーの申請がそれぞれの大使館で可能かどうかは事前に確認してください。もしできない場合は、どこで可能かをお知らせします。

以下の書類と申請用紙を、直接来館するか、郵送で提出してください。

   パスポート(注:国によってはパスポートの郵送はお薦めできない場合もあります。)
   最近の写真2枚(パスポートサイズ)
   申請料(申請後返金はできません。)
   申請をサポートするための書類

日本では英国と、その他いくつかの英連邦の国々のビザを東京の英国大使館領事部で発行しています。大阪の総領事館では扱っていません。大使館の住所、電話番号等は以下の通りです。

〒102-8381
東京都千代田区一番町1 英国大使館 査証課

ファックス : 03-5275-0346
Eメール :visa.tokyo@fco.gov.uk

ビザに関する問い合わせは、土、日、大使館の休館日を除く午前9時から11時、午後2時から4時で受け付けています。ただし、申請提出は午前9時から11時のみです。まずはこちらをご覧下さい。

直接大使館に申請する場合下記の申請内容のみ当日審査となります。その他の申請内容については申請書類一式をお預かりするのみとなりますので、郵送での申請をお勧めします。
Visitor (短期滞在)、トランジット、留学、留学生の扶養家族、EEA Family Permit、ワークパーミット (労働許可証)保持者、労働許可書保持者の扶養家族、ワーキング・ホリデー

エントリークリアランス申請料

以下の料金はすべて英国ポンドで書かれていますが、それぞれの国の通貨(日本であれば、日本円)で払ってください。これは直接現金で支払うか、現金書留で送ることになります。 (£1≒約200円)

カテゴリー 料金  
ビジター イン トランジット(通過の際の48時間以内の滞在) 36.00
ダイレクト エアサイド トランジット(空港内で乗り換えするだけのトランジット) 27.00
短期滞在 (6ケ月数次) 36.00
短期滞在 (1年数次) 60.00
短期滞在 (2年数次) 70.00
短期滞在 (5年数次) 88.00
短期滞在 (10年数次) 150.00
メディカル トリートメント(病気治療のため) 36.00
学生 36.00
船舶 / 航空機(船員、航空機の乗務員等) 36.00
労働許可証 (6ケ月以下) 36.00
労働許可証 (6ケ月以上) 75.00
就労 (6ケ月以下) 36.00
就労 (6ケ月以上) 75.00
事業(を始めるため) 75.00
インディペンデント ミーンズ(引退後十分な収入がある場合) 75.00
投資家 75.00
UK アンセストリー(英国で祖父母が生まれている場合) 75.00
ワーキング ホリデー 36.00
配偶者 260.00
定住を目的とした子供(養子も含む) 260.00
結婚(婚約者) 260.00
サーティフィケート オブ エンタイトルメント トゥ ライト オブ アボード 110.00
ソール リプレゼンタティブ(駐在員事務所開設) 75.00
リターニング レジデント 36.00
英連邦諸国用査証 22.00
英国統治国用査証 22.00

   
6ヶ月未満の留学を予定している人はなにが必要?
1)入学許可書
2)滞在費用証明書(預貯金の残高証明書等)
3)滞在先に関する証明(可能な限り)
4)帰国用航空券又はそれに見合う充分な金額の証明
5)日本で申請をする必要はないが、入国審査にて上記@-Cの書類を提出する
6)入国審査官により入国許可が下りた場合short term student(短期留学生)として6ヶ月の滞在期間となる。
※short term student(短期留学生)として入国が許可された方のみ、現地での滞在延長手続き(
レジデンス・パーミット)が可能。

※滞在資格をVisitor(短期滞在者)から学生に切り替える事は出来ない。Visitor(短期滞在者)は現地で滞在延長手続きはできない。

★日本人がイギリスで働くためには、何が必要?
通常、労働許可証が必要です。詳細は下記英国内務省にお問い合わせください。

Work Permits (UK), W5 Moorfoot, Sheffield S1 4PQ, United Kingdom
Tel : +44-114-259-4074 Fax : +44-114-259-4775

直接、内務省のウェブサイトにアクセスし申請用紙をダウンロードすることもできます。

★ビザの延長
ホームオフィスに書類を送る場合、ビザの切れる1ヶ月前から受付ていますので、必ずビザが切れる前に学生ビザの申請をして下さい。ホームオフィスの審査は時間がかなりかかる場合があるようですが、審査中にビザが切れた場合、審査が終わるまでそのまま滞在する事ができます。
またホームオフィスに出向き、ビザを取得する方法もありますので、早くビザを欲しい方は直接持って行くこともできます。いずれの場合も手数料がかかります。


【ホームオフィスでのビザの延長に必要な書類】
■申請書 ホームオフィスで入手
できます。
■パスポート
■パスポートサイズの写真1枚
■学校からのレター
在籍証明、学校を変える場合は入学許可証。
通っていた学校の出席率が85%以上あった事を証明する書類などが必要になります。
学校で証明できる書類を書いてもらいましょう!
■勉強の成果を証明できるもの 成績表や試験の合格証など

■銀行のステイトメント 
イギリスに滞在する間の滞在費が十分あるか証明の為に必要になります。
■親からの援助などのレター
授業料や生活費などのサポートする旨を書いてもらいましょう。

Home Office
Block C Whitgift Center Wellesley road Croydon Surry CR9 2BY
Tel:0870-606-7766
月〜金 9:00〜16:00