×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住まい

★フラットシェア探しサイト(If you want to learn English,Don`t stay with your own country`s pepole)
ガムツリー(Gum tree)    (英語サイト;他に売買等も充実)     
ルート(Loot)          (英語サイト;住所から希望の地域を探せます)


1)その他日本語の部屋探し掲示板です。
ジャパンJAPA2UK  ・ジャーニー  ・Mix B  ・ニュースダイジェスト  ・マンボ&ジャンボ
ロンドンボート     ・びびなびロンドン  ・J ロンドン

2)ロンドンの日本人経営の不動産業者です。            3)日本人経営のフラットです。
ホームメイド                        北里ハウス

★その他→リンク(不動産)へ
★フラットを借りよう。
@イギリスは家賃の物価がとても高いので部屋や家を他人とシェアして、共同生活をします。
1)フラットシェア…アパート又は一戸建ての家を数人で借り、トイレ、台所を共用します。
2)ルームシェア…ひとつの部屋、ツイン又はダブルの部屋を数人で住みます。
3)スタジオ、ルームシット(room site)…部屋に台所があり、トイレ、風呂のみの共用。例外あり。

Aフラットは基本的に週、月単位で家賃を払います。
1)デポジット(Deposite)…日本で言う敷金です。2週間ー4週間分。入居時に確認を。
2)ノーティス(notise)…退去時の何週間前にいつ退去するか告げることです。
               これが遅れるとデポジットが戻らないことも

3)ミニマム(minimum)…デポジットが戻るには最低何ヶ月いる必要があるかということです。
   ※基本的にデポジットは殆ど戻ってきます。

BBill
簡単に言うと光熱費です。基本的に水道代、電気代、ガス代。
部屋代にbill込みか、込みでないかチェック。

Cテレビライセンス
テレビの誰も使ってないフラットで新しくテレビを見ようと思えば、テレビ本体だけでなく、TVライセンス。£100/年が必要。フラットの誰かがすでにテレビを持っているときは必要なし。ただTVラインが部屋に来ているかチェック。

Dインターネット
1)電話回線を使ったインターネット…部屋にBTライン(電話線)が来てないと使用不可能。
2)ADSL…高速インターネット(ロンドンでは最高1MB)、フラットで誰か既に使用していれば簡単な機材とイーシーネットケイブル(電気店で購入可能)で自室でインターネット使い放題。


E注意事項
基本的に出て行くときに、デポジットが戻るかが、トラブルの元。
たまに、大家や管理者が、出て行く人に対して、次の人を探すように強要することがあります。大家の気に入る人を気に入る時期に次に入れなければ、デポジットを返さないと、言われます。
基本的には、この契約システムは書類上確認したものでなければ、違法ですが、デポジットをたてに強要することがあり、退去時に次の人を探さなくてもいいのか、必ず入居時に確認しましょう。
 
★住む地域には注意が必要 
西側には高級住宅街もあり中流以上の人々が多く、東側は労働者階級・移民が多いです。
物価は北、西が高く、東と南は安いです。

 
 
 
人気のエリア(オレンジ、水色) 穴場(紫) 日本人が多い(ピンク) 危険(茶色)


<人気のエリア>
Camden、Belsize Park
マーケットやクラブ、パブなどたくさんあり、夜遊び好きな人に人気のエリア。
Highgate
Muswell Hillは見晴しもよくおしゃれなお店なども多くあり雰囲気もとってもいい。ZONE3と離れているので家賃もお手頃。
Angel、Old street
おしゃれなレストラン、ショップ、バーなどが多くあるおしゃれなエリアだが、掘り出し物の安い物件などもあり、人気のエリア。
St.John's wood, Swiss Cottage
家賃は高めだが日本人に人気のスポット。日系ショップあり。


<穴場>
Hammersmith、Earls Court
アーストラリア、ニュージーランド人が多く住むエリア。センターに出やすい割に格安物件もある。
Docklands、Greenwich
新しく開発されているエリア。テムズ川に近く街の雰囲気もいい。交通の便が不便なのが難だが安い物件もある。
Elephant & Castle
センター、ウォータールー、シティに近く便利な場所。多少街の雰囲気が良くないが掘り出し物の物件が見つかる

<安心して暮らせる地域>

ハムステッド、ハマースミス、ウィンブルドン、リッチモンド、チェルシー、フラム、ケンジントン、ヘンドン、フィンチリーなどの高級住宅街のある地域。その分、住居費、商店などの値段は高めです。本来の英国の雰囲気も味わえます。

<ある程度、落ち着いて暮らせる地域>
アクトン、ブルームスベリー、イズリントン(エンジェル)、ノッティングヒル、セントジョーンズウッド、スイスコテージ、エッジウェアロード、イーリング、ドックスランドなどの地域。アクトンは日本人駐在員が多く住んでいるようです。イズリントン、ノッティングヒルはロンドンのお洒落なスポットです。特にボートペローはグッドです。

<庶民的で住みやすいが少し注意が必要なこともある地域>
カムデンタウン、キルバーン、ベスナルグリーン、シェバーズブッシュ、エレファントキャッスル、サザーク、クラパム、バタシーなどの地域。比較的経済的なフラットの価格で、中心部まで近く、暮らしやすい地域ではありますが、場所によっては夜になると雰囲気がガラッと変わる場所もあり、注意が必要です。

<一般的にかなり注意が必要であるといわれる地域>
ブリクストン周辺地域、郵便コードEの地域(ハックニーと呼ばれる地域;ダストン、ホワイトチャペル、オールドストリートなど)、ニュークロス、ニュークロスゲート、ウォータールー、ロンドンブリッジ、キングスクロス、フィンズベリーパーク周辺、ハーレスデン、トテナムなどの地域。これらの地域はすべてが危険なわけではありませんが、注意が必要な地域です。(犯罪率が高いと言われています)